アメコミを読みたいらいとか

MARVELやSTAR WARSなどのアメコミを、ネタバレ有りで感想を書くブログです。更新頻度は気分次第。他にも読みたいものを気まぐれに

STAR WARS PURGE HIDDEN BLADE

前回に引き続き、EP3シスの復讐直後を描いたレジェンズのシリーズを紹介したいと思います。皇帝の命令に背いてでもオビワンへの憎しみを振りまいていたベイダー。黒衣の怪物の中にアナキンを見出すことは、最早叶わないのでしょうか?
f:id:ELEKINGPIT:20220208222321j:imageSTAR WARS PURGE HIDDEN BLADE

関連記事elekingpit.hatenablog.com

 

 

〈あらすじ〉 

遠い昔、はるかかなたの銀河系で……

今や銀河は暗黒に包まれていた。無慈悲な皇帝により強力な支配体制が築かれたのだ。

しかし希望の火は消えていない。この銀河には僅かながらジェダイの生き残りがまだいるはずだ。

勇気あるオヴォニ人は激烈な反撃にあいながらも抵抗を辞めなかった。恐るべき暗黒の戦士ダース・ベイダーに刃を向けられようとも……

 

〈憎悪の刃〉

銀河の辺境のある星では、帝国軍とオヴォニ人の激しい戦闘が繰り広げられていました。帝国軍はトルーパーに加えAT-ATを導入するなど圧倒的な物量で戦いを常に優位に進めていましたが、残り1歩の決定打が足りないまま敵の壊滅には至りません。そこで業を煮やした皇帝はダース・ベイダーの派遣を決めます。ベイダーの激しい紅刃は瞬く間に敵の戦線を崩壊、皇帝の思惑通り戦況が大きく動き始めました。一方ベイダーは戦地に到着してから強い2つフォースを感知します。恐らくこの星にジェダイがいる。それも2人。ジェダイは相手にするなという皇帝の厳命をも無視し、ベイダーは姿形の見えない敵へ狙いを定めます。居場所がわかったのはその日の夜でした。瀕死の偵察兵が命懸けでジェダイの存在を伝えると、ベイダーは探索ドロイドと共に森へ。予想通りそこでは強いフォースを持つ人間がいました。
f:id:ELEKINGPIT:20220209011656j:image圧倒的なパワーでジェダイを倒すベイダー。だがこの星にいるジェダイは1人ではない。

 

戦闘中、ベイダーはより強いフォースを感知します。恐らくこのジェダイはパダワン(ジェダイの弟子)。今感じている強いフォースの持ち主こそが師匠でしょう。ベイダーはフォースに導かれるようにこの星で最も高い山の頂上を目指します。どうやら帝国軍はオヴォニ人の激しい攻勢に晒されているようですが、今優先すべきはジェダイの抹殺。将軍との通信も済ませベイダーがたどり着いた先には、瞑想を行うジェダイでした。奇策を持ってベイダーに傷を負わせるほどの達人です。とはいえフォースに選ばれしベイダーが簡単に負けるはずがありません。一太刀浴びたことで逆上したベイダーは完膚なきまでに敵を倒します。しかしジェダイは息も絶え絶えに勝ち誇った笑みを浮かべていました。同刻、帝国軍基地はオヴォニ人によって全滅。自らを囮にベイダーの注意を逸らしたジェダイとオヴォニ人の勝利です。
f:id:ELEKINGPIT:20220209015943j:image壊滅した帝国軍基地。これこそがジェダイの策略だった。

 

〈ベール〉

冷徹な暗黒騎士ダース・ベイダー。しかし今作のように敵の策略に陥りやすいという性格も持ち合わせています。これはベイダーがジェダイだった頃、アナキンと比べても多いように感じるほど。ではベイダーの何がそう感じさせているのでしょうか?

結論から先に言うと、ベイダーの周りの見えなさが招いたのだと考えます。愛するパドメの死やオビワンとの決裂以来憎悪で溢れかえる凶悪な暗黒卿となったベイダー。前回ではその怒りを周囲に構わず振りまく程でしたが、オビワンの発見すら叶わないという結果に終わりました。今作のベイダーはそれに比べると落ち着いているようにも見えましたが、皇帝の厳命を無視してでもジェダイ狩りを行う様はまるで前回と同じです。つまり前回、さらにEP3で見せた怒りはまるで減っていないのです。今や残ったジェダイ全員に向けられた怒りは、それだけベイダーの視野を狭めました。味方の救援要請すら気にせず、1人ジェダイ探しを行うほど。その後の結果かどうなるか予想もできないとは、ジェダイ時代予知夢を見ていたほどのフォースの持ち主とは思えません。ベイダーの視界はそれほど狭くなってしまったのです。豊かな感情は全て怒りと憎悪に変えられた暗黒卿の末路をまざまざと見せつけられる話でした。